エンビロンとは?なぜエンビロンなのか?

エンビロンとは

 

エンビロンは南アフリカで生まれたスキンケアです。

紫外線の強い南アフリカでは、若年でも皮膚がんで命を落とす方が多く、それに胸を痛めた

世界的形成外科医のDr.フェルナンデスが、なんとかしたいと自宅のキッチンで開発されたのが

ビタミンAのクリームです。最初はあくまで紫外線による皮膚がん予防からスタートしたのです。

患者さんがクリームを使ううちに、紫外線の害から肌が守られるだけでなく

どんどん若返っていくのを見て、エイジングケアにも使えるのでは・・・となり、

今に至っています。

 

そんな経緯で開発されたエンビロン。

 

なぜエンビロンである必要があるのか?

 

その理解には、まずはAケアの大切な3つのポイントを押さえましょう。

 

ポイント@:使用するビタミンAを選ぶ

 

ビタミンAであれば何でも良いか、というと実はそうではありません。

 

ビタミンAには様々な種類があり、浸透性や安定性・刺激性が異なります。

ビタミンAによるスキンケアというと、レチノイン酸(トレチノイン)を使うケア(塗り薬でシミを取るなど)

が有名ですが、非常に刺激が強く、細胞内毒性・光線過敏性の要素があるために、

ホームケアのベースとなるような長期間の使用はおすすめできません。

 

ビタミンAの中でも、「パルミチン酸レチノール」と「酢酸レチノール」は

高い浸透性や安定性、刺激が少ないという特徴から、スキンケアとして

まずは活用したいビタミンAです。細胞のDNAに作用するのはレチノイン酸ですが、

安定性の高いビタミンA(パルミチン酸レチノール酢酸レチノール)も肌の中でレチノイン酸

変化して、最終的にはDNAに作用します。

 

ポイントA:ビタミンAと抗酸化ビタミンを併用する

 

 抗酸化ビタミンである、「ビタミンC」や「ビタミンE」「ベータカロテン」などと

ビタミンAを併用することにより、ビタミンAとの相乗効果が期待できます。

ビタミンは非常にデリケートで壊れやすい物ですが、これらのビタミンはお互いに助け合って

リサイクルしたり、ビタミンAの働きを脇から支える役割をはたしています。

 

ポイントB:ビタミンAをステップアップしていく

 

効果的にビタミンAを入れていくために、まずはマイルドなビタミンAから始め、

慣れてきたら徐々に濃度を上げる・より浸透性の高いビタミンAを使用していくという

ステップアップが必要です。このステップアップにはかなり個人差があり、

トラブルを生じることもあるので、Aケアについて熟知した信頼できるクリニックや

カウンセラーと相談しながら進めることが大変重要です。

 

Aケアのポイント上記3点を満たしている

スキンケアが現状エンビロンのみになります。