水虫治療を始める前に〜本当に水虫ですか?〜

 

 

ムシムシジメジメした時期になると増えるのが

「足がかゆい」→「水虫を治療したいです」

と受診される患者さんです。

 

でもちょっと待ってください。 

 

それは本当に水虫ですか?

 

患者さんが水虫だと思って受診されても

「湿疹だった」「水虫の薬でかぶれを起こしていた」

ということがよくあります。

※実は水虫の薬はかぶれやすいのですが、それについては後ほど記載します

 

「かゆみ・発疹・水ぶくれ・皮剥ける=水虫」

ではありません。反対に何も自覚症状が無いのに水虫だということもあります。

 

水虫の診断には、顕微鏡検査患が欠かせません。

見た目・自覚症状のみで診断するのは私達専門医でも困難です。

受診した際には必ず顕微鏡検査をしてもらいましょう

 

特に爪水虫と診断されると、飲み薬の治療(結構お金がかかりますし、

定期的な肝機能障害などのチェック=採血検査が必要になります)が必要になるので

必ず顕微鏡で確認してもらってから治療を開始してください。

 

「顕微鏡検査をせずに水虫の飲み薬を投与されていて全然治らない」という患者さんの

顕微鏡検査を行うと、なんと水虫菌がいないという事もあります(もちろん顕微鏡検査は

治療効果の表れる前の時期に行っているにも拘わらず・・・)。

 

顕微鏡検査(真菌鏡検と言います)は、皮膚の皮や爪の一部をほんの少しだけ取って

ガラスの上で溶かし、顕微鏡で真菌(水虫菌など)がいるかどうかを見る検査です。

受診したその時に数分で行える簡単な検査で、上手に行えば痛みはなく、

お子さんでも検査を受ける事ができます。

 

 「どの部分を取るか(診断できる部位を適当量採取できるか)」

 「顕微鏡で真菌を鑑別できるか」   に

 

 お医者さんの腕が表れます