食物アレルギーを心配されている方へ

アトピー性皮膚炎や繰り返すじんましんの原因のひとつとして,食物アレルギーがあると

言われています。

本当に食事に原因があるのか・・・

離乳食はどのように進めれば良いのか・・・

何歳位で治るのか・・・

情報があふれているために,かえって親御さんのご不安はつきないと思います。

当院では,診断のための検査や治療はもちろん,離乳食の進め方・日常生活や保育園

・幼稚園・学校生活での注意点などについてもアドバイスしています。

ご心配な方は一度ご相談ください。

ホームページにも徐々に情報をアップしていく予定です。

 

食物アレルギーと離乳食の開始時期について

先日東京で行われた学会で、

小児アトピーと食物アレルギーについて、とても興味深い知見がありました。

これまで、食物アレルギーがあると考えられる場合には、食事の制限が行われていました。

しかし、今回の講演では、

・妊娠中・授乳中のお母さんの食事制限は、子供の食物アレルギーの予防に影響しない

・妊娠中・授乳中のお母さんの食事制限は、子供の食物アレルギーの感作(食べ物に反応するようになること)に影響しない

という論文の内容が報告されていました。

さらに、これまでは食物アレルギーが疑われると、離乳食の開始時期を遅らせるということが行われていましたが、

・離乳食の開始時期が遅いと、むしろ、2歳になったときのアトピーと喘息の頻度が高い!

 という報告でした。

これまで当院では、食物アレルギーが疑われる際には、まず少量から食べてみてとアドバイスしていました。

何らかの症状が出るようであれば、初めて検査をおこない、その結果を元に食事指導を行ってきました。

今後さらに多くの報告が出てくると思います。

その報告を参考にしながら、今後も指導を進めていきたいと思います。

食物アレルギーとは?

食物を摂取した後,免疫を介して発疹やじんましん・下痢・腹痛・呼吸困難などの体に不利益な

症状が起きることを食物アレルギーといいます。

全ての人に「体にとって不利益な反応」が生じる細菌・自然毒(食中毒やフグ毒など)は

含まれません。

また,食物に含まれる物質そのものによって生じる作用(例:ヒスタミンを多く含むサバを

食べて生じるじんましん)や乳糖を体質的に分解できずに下痢をおこしてしまう乳糖不耐症

は,食物アレルギーとは別の「食物不耐症」です。