当クリニックで行うVHO爪矯正について

ケガや深爪、つめ水虫などで、爪が変形し、

皮膚に爪が食い込む「陥入爪(かんにゅうそう)」

という病気があります。

 

これまでは、「食い込んだ爪を縦に切り取る」手術が行われてきました。

しかし、手術後に爪の幅が狭くなり、再発しやすいということで、

理想的な治療法とは言えませんでした。

 

最近は超弾性ワイヤー法や形状記憶合金で爪を矯正する方法が試みられ、

ある程度の効果がでてきていますが、

爪のくい込みが強い患者さんでは、なかなか思うように矯正できていません。

 

当院で行っている、

VHOワイヤーによる爪矯正

は、爪を深く切り込んでいても施術が可能で、

個々の巻き爪の形状や爪周囲の状況に合わせて

ワイヤーの長さやカーブ、張り具合をその場で素早く調整できるため、

個々の爪に最適な力加減で(無理なく強力に)矯正でき、

施術当日から入浴、運動も可能なQOLが高い方法です。

しかも、施術直後から食い込みの痛みから解放されます。

 

施術時の痛みはまったく無いわけではありませんが、麻酔不要な位、少ないです。 

 

ワイヤーを入れた後は、1週間後に状態をチェックし、

その後はワイヤーが外れなければ1ヶ月〜数ヶ月毎の受診となります。

 

ワイヤーを入れた状態です