「とびひ」について

暖かくなってきたせいか、「とびひ」で受診される患者さんが増えてきました。

「とびひ」はアトピー性皮膚炎や湿疹、虫さされなどのかゆみを訴える患者さんが、

皮膚をかきむしっているうちに、「水ぶくれ」や「ただれ」・「かさぶた」が全身に広がってくる

病気です。

夏に多く発生し、「水ぶくれ」や「かさぶた」が全身に「飛び火」するように広がるので

この名前が付けられたと言われています。

 

虫刺されや湿疹・あせもなどは、「夏になれば子供はみんななるよね〜」

と軽みられてしまうらしく、市販薬などで対処し、あまり効かないために掻きむりし、

結果としてとびひになってしまうようです。 

「とびひ」の治療は、化膿止めの飲み薬を飲みながら、湿疹の治療を行います。

治るまでは、プールなど他の方に感染させる恐れのあるイベントには

参加できなくなります。

 

最近は小さい頃から抗生物質を飲んでいるために、

普通の抗生物質が効かない「とびひ」 も多くなってきています。

 

今までに飲んできたお薬を確認したいので

診察にはお薬手帳をご持参ください。

 

 

かゆみ(痛み)のある出物(「かさぶた」や「水ぶくれ」)が

数日で急に全身に広がってきた場合には、

早めに皮膚科を受診してくださいね。