「やけど」の治療について

お湯をこぼしたり、ヘアアイロンでやけどして、当院を受診される患者さんが増えています。

やけどは、その深さの順に、1度、2度(浅いもの・深いもの)、3度と分かれています。

1度は、水ぶくれができない赤みがあり、ヒリヒリ感が強い状態です。

浅い2度は水ぶくれができ、痛みがある状態です。

この2つのやけどの状態は、適切な治療を行えばキズ跡が残らず、2週間以内に治ります。

しかし、それよりひどい状態の深い2度と3度のやけどは、痛みが無いことが多く、

治るまでに2週間以上かかる上に、キズあと(ケロイド)が残り、手術が必要なことが

多くなります。

どんな深さのやけども、初期治療がとても重要です。 

やけどをしたときには、まず冷やすこと!

流水で最低10分以上冷した後保冷剤を乾いたタオルでくるんでやけどした部分を

冷して下さい。太ももなどにお湯をかけやけどしても、服を脱がせる必要はなく、

服の上から冷やしてください。


小さな範囲で、赤みだけなら冷やすだけでも良いと思いますが、

「水ぶくれの範囲が広い」

「顔や陰部をやけどした」

時には、救急外来、皮膚科や形成外科を受診しましょう。

油やアロエ、味噌などを塗る行為は意味が無いばかりか、

かぶれなどの原因になりますので、 何も塗らずに受診なさってくださいね。

当院では、大人からお子さんまでの、やけどとやけど跡の治療を行っておりますので、

是非ご相談ください。

※仕事中のやけどは労災の適用となりますので、受付でスタッフにお伝え下さい。